株式会社 豊國
サイトマップ プライバシーポリシー リンク
会社案内 事業所 メンテナンス 採用情報 お問い合わせ
TOP > 会社案内 > 沿革
 
a
 
このページのトップへ
 
 

昭和30年

・「豊國産業株式会社」を東京都大田区に創立。

 各種航海計器類の販売修理を開始。
 航海光学計器の指定工場として、海上自衛隊の艦艇搭載の
 ジャイロコンパスをはじめログ・対勢儀・磁気羅針儀・Gun-Sight等
 の修理業務を開始。

昭和32年

・本社を呉市に移転。

昭和34年

・代表取締役社長に前西 孝 就任。

昭和42年

・「尾道営業所」を開設。

昭和46年

・「一般社団法人 日本コンパスアジャスター協会」加入。

昭和48年

・防衛庁部門を分離独立。「豊國計器株式会社」設立。

昭和51年

・「一般社団法人 全国無線工事協会」加入。

昭和55年

・「一般社団法人 日本船舶電装協会」加入。

昭和61年

・本社(呉市本町)・工場(呉市広弥生新開)統合新築移転(呉市築地町)
 機器の高度化及び、システム化等に対応するため、設備の更新。
 統合により技術の向上、業務の合理化を図る。

・「一般社団法人 日本船舶品質管理協会」加入。

平成3年

・「豊國計器株式会社」代表取締役社長に、迫越 正彦 就任。

平成9年

・国家プロジェクト 「マンガン団塊採鉱システムの研究開発」に参加。
   深海底から採取したマンガンの位置を正確に特定する技術を提供。

・「豊國産業株式会社」
  代表取締役会長に、前西 孝  就任。
  代表取締役社長に、迫越 正彦 就任。

平成10年

・「広島県機械器具設置工事業」取得。

・(社)全国船舶無線工事協会の「無線局認定点検事業者」認定。

平成11年

・「広島県電気工事業、電気通信工事業」取得。

平成13年

・「一般社団法人 日本海事協会」の無線検査事業所認定。

平成14年

・国家プロジェクト「九州南西海域における北朝鮮工作船引揚げ作業」に参加。
  工作船の沈没位置を正確に特定するための技術提供。

・「TTTF活動」開始。
  社内活性化と成長を目指す。

平成17年

・「豊國計器株式会社」(分離独立 昭和48年)と合併し「株式会社 豊 國」と改名。
  創立50年を契機に経営資源の統合によりさらなる発展を目指す。

・退職金制度を「確定拠出年金制度」に変更。
  社員の安心した定年後の生活と福祉の向上を図る。

平成21年

・代表取締役社長 迫越正彦が黄綬褒章を受章。

平成23年

・豊國ワークシステムを制定。
  経営資源の適正な運用・管理と経営理念を実現。  

平成25年

・「株式会社豊國従業員持株会」を設立。
  社員の福利厚生と円滑な事業継承を目的とし株式の90%を社員が保有。  

平成26年

・技術部門を再編し「研究開発部門」を設置。  

令和元年

・代表取締役会長に、迫越 正彦 就任。
・代表取締役社長に、山路 惠司 就任。

令和2年

・尾道営業所を西御所町から高須町に新築移転。
  本社工場と連携し新しい価値の創出を目指し、「工場機能」を追加。
  少子高齢化、多種多様な働き方に対応し、働きやすい環境を実現するため
  「バリアフリー化」に取り組む。
 
 
会社案内事業所メンテナンス採用情報お問い合わせサイトマッププライバシーポリシーリンク
Copyright(C) 2008 TOYOKUNI All Rights Reserved.